タミフルと人への感染と治るまで

インフルエンザウイルスは人への感染力とてもが強いため、インフルエンザにかかってしまったら、しっかりと治るまで安静にして過ごすことが大切です。インフルエンザに罹ってしまった場合、日本ではタミフルという薬が処方されることが多いです。タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑えることにより、症状の悪化を防ぐ効果が期待できます。タミフルはインフルエンザ治療のために日本で最も多く利用されている薬なのですが、消化器系への副作用や異常行動を引き起こすリスクもあるとされています。インフルエンザに罹ってしまったと感じたら、すぐに病院で診断を受けましょう。インフルエンザウイルスは他人のくしゃみや咳などが主な感染経路となり、感染するウイルスすぐに体内で増殖してしまいます。できるだけ早く医師の診断や薬の処方を受け、インフルエンザウイルスの増殖を止めることが重要です。ちなみに、小さな子供の場合はインフルエンザ脳症を引き起こすこともあるため、素早く治療を行った方が良いでしょう。医師の診断を受けるとタミフルの処方が一般的であり、その正しい使い方や副作用についてもしっかり知っておくのがおすすめです。インフルエンザは発症から治癒まで5日間経過する必要があります。発症して2日~3日程度経過するまでは高熱などの症状が出てしまいますし、その後2日が経過するまでウイルスは体内に残っているということです。そのためインフルエンザは完全に治るまで5日程度はかかると覚えておきましょう。高熱などインフルエンザによる辛い症状が治まったと感じても、一定期間はインフルエンザウイルスが生きている状態であるため、外出などは控えることが大切です。