タミフルと季節性と妊婦さんのこと

タミフルは、一時期にニュースでもそのことが大きな話題となったお薬です。

特に、このタミフルは季節性のインフルエンザなどに使用がされていましたが、ニュースで報道されたように、小さいお子さんがタミフルを飲んだところ、おかしな言動を繰り返したり、幻聴や妄想などを見てしまったり、ベランダから飛び降りようとしてしまった、このような報道がされました。

また、このほかにも、全国的にも、タミフルを処方してもらった患者さんが、トイレなどで急に立ち上がることが一切できなくなった、体がまったく動かなくなった、などという症状が出てしまい、このようにタミフルには、強い作用が体にあらわれる、と言われています。

そのため、ニュースなどでも報道をされたように、お体がまだ小さい人、お子さんなどや、成人をしていても、まだ体がしっかりとしていない人、また体がかなり敏感になっている妊婦さんや、お子さんを妊娠している可能性がある女性の場合には、このようなタミフルを、処方しないように、という注意書きなどが出されるようになりました。

また、それと同時に、健康な人であっても、タミフルを使用するときには、かなり注意をすると同時に、医師が処方をする際にも、かなりの責任、またかなり危険な場合など、条件をクリアしなければ出せないように、厳重に指導が出されました。

研究などの結果、インフルエンザなどや風邪などを撃退するために、効果的であるとされたタミフルですが、このようないろいろなトラブル、特に小さなお子さんへの影響が多大であったため、現在では、このような処方は、極力控えられており、別の薬などが処方されるケースが多くなっている、このようになっています。