潜伏期間にタミフル服用で副作用として眠気がある

インフルエンザが流行し始めると、学校や職場などでも感染する確率が高くなります。
インフルエンザを発症すると、高熱と呼吸器系の疾患が出て苦しい思いをします。
予防接種をすることで、症状の重症化を防ぐことはできますが、残念ながら予防接種をしたからといって絶対に感染しないというわけではありません。
もし感染した場合には、タミフルが効果的な治療薬です。
発症してから48時間以内に服用することで、症状を早く沈静化し、回復も早める効果があります。
タミフルや、インフルエンザA型、B型によく効く薬で、毎年流行するインフルエンザのタイプに効果的とされています。

タミフルは発熱などの症状が出てから服用することで症状を緩和させますが、それ以前の潜伏期間に飲むことで、発症を抑える予防効果も期待できます。
症状が出た状態は、すでに体内では、2日ほど前にインフルエンザに感染していることになり、熱が出てくるのは3日以上経った状態でしか判断できません。
そのため、この状態でタミフルを服用しても、症状を早く鎮めることができる程度の効果しかえられません。
一方体内にインフルエンザウイルスが潜伏している間に、服用することで、症状が全く出ないまま、インフルエンザを死滅することが可能となります。
特に、発症すると危険な状態にある免疫力の落ちた高齢者などには、効果的ですから、予防薬として事前に服用するという方法も検討してみるとよいでしょう。
ただ、症状が全く出ない状態では、タミフルは保険適用で処方してくれませんから、全額負担となりますから、注意が必要です。
タミフルは眠気などの副作用がでる場合もあるので、車の運転などする場合は注意が必要です。